バレエママなら考えておきたい、大切な価値観。

こんにちは。

 

情熱から産まれた、パッションメイドティアラをお届けする。

バレエティアラコンシェルジュのいとうさちです。

 

パッショネクトというサロンを主宰しています。

娘に教えたいことが出てきました。
自由に伴う責任のお話。
これは、長い長い時間をかけて、
じっくり話していく必要があります。
なぜ突然、そんなことを教えるのって?
先日のブログで、
学校vsバレエについて書いたのですが、
様々な意見をいただき、
それらがとても府に落ちたからです。
せっかくご意見いただいたので、
今後、もし同じようにお悩みの方がいたら参考になるかと思い、
紹介させていただきますね!!
まず、【学校を優先すべき!というママさんはいませんでした】
共通したご意見は。
一生懸命やってきた練習。
習い事だからー、とか、
義務教育がー、とか言う前に、
【子どもの気持ち】が大切。
そのために時間を割き、練習してきた時間。
本番の舞台に集中させてあげたい。

 というものです。

更に、リハーサルを省略することによる、チームへの迷惑のお話もありました。

舞台は決して一人ではできませんからね。

みんなが舞台の成功のために力を合わせるんですものね。

一人の欠席が、混乱を生みます。

一方で、

「自分で選択する。そのかわり、自分で責任をとる」

というご意見もいただきました。

とても深いです。

 

 

確かに、自分の過去を思い返すと、

いつも、誰かの意見に流されて生きてきたように思います。

そして、そうする方が、うまくいかなかったときに楽ですからね。

バレエを辞めたのは、家族のせい。

怪我のせい。

そんな私が1年前、人生で初めて、

私は周囲の大反対を押し切って、脱サラまでして、夢に大きく梶切りました。

自分がやりたいと言ったからには、

きちんと生活出来るようになるまで、死に物狂いです。

生徒さんの人生にも、責任があります。

全て、自分の責任の中で生きる、

これほどエキサイティングで、ハードで、でも爽快なことって、ありません。

だから、そういう楽しさも、厳しさも、娘にちゃんと教えたいと思いました。

じっくり、時間をかけて。

選択する喜びと責任。

それを体感した子どもの未来、そんな子達が作るバレエ界、明るいと思いませんか?

さ、また家族会議だ!!

 

 

 

 

 

 

 

—–

タイトルとURLをコピーしました