【作り方】ハンドメイドバレエティアラ、パールを上手にワイヤーに通すコツ【髪飾り/頭飾り】

バレエティアラノウハウ

こんにちは!ティアラコンシェルジュのいとうさちです。

ティアラ作りに挑戦していると、
必ず出くわす悩み・・・それが・・・

パールにワイヤー通すのが固くて、指先をついて出血する!
いちいち「目打ち」で穴を開けたり、バリ取りが面倒!!!

という、超ニッチなお悩み(笑)

そこで、今回は、私が実践している

・いちいち「目打ち」で穴も開けなくてよいし、
・バリも取らなくても綺麗にパールを通すコツ

を、書いてみたいと思います。

あなたのお役に立ちたくて、記事を書いています。是非、じっくりご覧くださいね。

この記事は、こんな方のために書いています!

✓毎回、「目打ち」でパールに穴を開けるのが面倒だ

✓時短でティアラを作りたい

▶筆者(いとうさち)はこんな人

・1981年生まれのアラフォー。
・三大メガバンクでシステムエンジニアとして15年勤務。
・6歳よりクラシックバレエを始め、23歳でアキレス腱断裂。踊り断念。
・2010年に結婚、2人の娘に恵まれる
・2018年にティアラコンシェルジュとして活動開始!当教室(パッショネクト)を開講。

バレエ鑑賞は3桁、バレエ愛は∞です。自分自身の経験から、踊り・ティアラ・ダンサーの融合を提案しています。更に、バレエママを応援することで、バレエ界の未来を変革する!という夢を持って活動しています。詳しくはプロフィールをどうぞ!

パールにワイヤーが通らない!その原因

樹脂パールにワイヤーを通しにくい!
その原因は、バリによるものです。

バリは、パールを塗料でコーティングする過程で出来てしまうものです。
糸やワイヤーなどで繋がった状態で売られている樹脂パールは、
繋がった状態で塗料をコーティングするので、出来やすいんだそうです。

そして、このバリが残っているせいで、穴がふさがってしまい、
ワイヤーが通しにくいんですね。

 

バリは、だいたい、偏っている

以下の写真は、穴がふさがっているものを選んで、撮影しました。
特に一番左のパールや、一番右のパールは、完全に穴をふさいでしまっています。

 

一方、同じパールの反対側です。しっかり穴が見えます。(あんまり差がない(笑))

 

王道!目打ちでバリ取り!

一般的には、目打ちと呼ばれる道具で、パールに穴を開け、
そして、飛び出たバリをニッパーでカットします。
でも、横着者の私は、ちょっと違う方法で作業スピードをアップさせています!

 

ワイヤーのカット方法を工夫する!

ワイヤーのカット方法を工夫することで、パールを通しやすく、バリも目立たなく制作することができます。

動画にて説明します。




 

私なりの工夫・時短ポイントをレッスンしています!

いかがでしたか?
パールを通す際のちょっとしたイライラ・・・

ここを解消することで、ティアラ制作のスピードが格段にアップします。
是非、試してみてください。

こんな感じで、私が日々試行錯誤しているティアラ制作のプチ工夫を、
レッスンで体型的にお伝えしています!

気になる方は、遊びにきてくださいね。

 

大人っぽいティアラを作ってみたい!そんな声から生まれた、ジュニアのための、憧れティアラ制作レッスン

 

バレエに関わる仕事をしたいと本気で考えているママのための、バレエティアラのプロを育てる講座

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました