ママが子どものために選ぶべきバレエティアラ!理由と共に解説。

バレエティアラノウハウ

こんにちは!ティアラコンシェルジュのいとうさちです。

お子さまのコンクールや発表会に使うティアラを購入するとき!一体何を基準に選べばよいか分からない。そんなお悩みはありませんか?この記事を読めば、そのモヤモヤが解決します!

あなたのお役に立ちたくて、記事を書いています。是非、最後までご覧くださいね。

この記事は、こんな方のために書いています!

✓お子さまのためにバレエ用のティアラを探している

✓何を基準に選べばよいのか分からない

✓考えてティアラを選ぶ、という体験をお子さまにさせてあげたい

▶筆者はこんな人

・1981年生まれのアラフォー。
・三大メガバンクでシステムエンジニアとして15年勤務。
・6歳よりクラシックバレエを始め、23歳でアキレス腱断裂。踊り断念。
・2010年に結婚、2人の娘に恵まれる
・2018年にティアラコンシェルジュとして活動開始

バレエ鑑賞は3桁、バレエ愛は∞です。自分自身の経験から、踊り・ティアラ・ダンサーの融合を提案しています。更に、バレエママを応援することで、バレエ界の未来を変革する!という夢を持って活動しています。詳しくはプロフィールをどうぞ!

 

ティアラが変われば何が変わるの?

ティアラに限らずなのですが、レオタード、衣装、身に着けるものが変わると、以下のようなことが起こります。

・踊り変わります。
・舞台に向かう姿勢が変わります。
→最終的には、能力、ダンサーとしての「存在」が変わります。

なぜでしょうか?理論攻めが大好きな私が、科学的な根拠に基づいて、お話していきますね。

相手(お客様)の印象を変える

心理学的には、職業に応じた「いいもの」を身に着けていると、
その人に対する信頼感が増すと言われております。

例えば、ぱっと入ったお店のお兄さんが。。。。

汚い服、よれよれに汚れた靴でお仕事なさっていたら
「うわ、この人大丈夫?間違って無いかな。。」なんて、無意識に思ってしまいますよね。

人は、無意識のうちに、見た目で判断する生き物なのです。

ある大学で行われた実験では、
教授の服装がきちんとしている方が、
生徒がきちんと授業を聞き、成績も良くなった
という実験結果まで出ています。

要するに、身に着けるものをしっかり選ぶだけで、「能力が高く見えるし、説得力が上がる」という事実があるのです。

自分自身の内面を変える

一方、身に着けるものには、自分の内面を変えるという作用もあります。

自分自身がなりたいイメージにぴったりの服装をしていると、
実際にそのような気分になることってありますよね。

実際、ビシっとスーツを着ている日は、仕事がはかどります。
これも、科学的に実証された事実だそうです。

そんなわけで、私は、自宅で仕事をしているとき、
部屋着で仕事をしてもいいのですが、やはり、きちんと仕事用の服に着替えてお仕事しています。

パフォーマンスに影響あるからです。

更に、そこにストーリーがあると、なお効果的です。

・ママと一緒に選んだ!
・自分でちゃんと決めた!
・ママが一生懸命作ってくれた!

など。

人は、「もの」じゃなく、「こと」に反応する生き物だから。
最近、この言葉は、本当によく聞く言葉です。

ですので、ママは、
お子さまが、何を「素敵」「嬉しい」と思うのか、そこを理解して導いてあげると良いと思います。

提案:お子さま自身が「嬉しい」「素敵」と心から感じるものを購入する

お子さまが自信を持って舞台に立つ。
そして、お客様にもっともっと素敵に見てもらう。

そのためには、お子さまが自分自身の価値観で「素敵」と感じるティアラを選ぶことが大切です。
自分の気持ちが伴っていないと、自分を高めることができないからです。

加えて、上でも述べたように、客観的に見ても「踊りにふさわしい」ことが求められます。

とはいえ、実際は、お子さまの価値観は、まだまだフワフワしていると思います。
それに、何が踊りにふさわしいかなんて、すぐには分からないかもしれません。

ですので

・役柄、踊りについて、親子一緒に勉強してみる
・何を素敵と思うか、感性を養ってあげる
・どんなティアラが良いか、衣装とのコーディネーションを一緒に楽しんでみる。

通常であればティアラも含めて先生が選んでくれる教室が多い中、
せっかく自分自身で選ぶ機会をいただけたのです。

単に選ぶだけでなく、ティアラ選びそのものを体験として、お子さまにプレゼントしてあげてはいかがでしょうか。

毎回は大変です

ここまで書いてみたものの、毎回、ティアラや衣装にたっぷり時間もお金もかけるのは大変です。
これは、親として、本当に身に染みて理解できます。

私個人としては、ティアラを毎回購入することは不要だと思っています。
まだ子ども、手元にたくさんのティアラは必要ありません。
そこに時間とお金を、多く費やす必要は無いです。

ただ・・・・・是非!
たったひとつ、特別なティアラを、うんと時間をかけて選んでみてください。

特別なティアラかをきっかけに、ちょっとずつ成長してもらえると嬉しいなと思います。

似合うティアラが分からない場合は・・・

どんなティアラが素敵かな?
どんなティアラが似合うかな?
役柄に合っているってどういうこと?

お子さまにそういう感性を与えてあげたいとお思いなら、是非、パッショネクトのレッスンへいらしてください。

お子さまが自分で作ってみるもよし!
ママがお子さまのために、一緒に作ってみるもよし!

要は、お子さま自身が自分で「これが素敵!」と思えることが、踊りにとってとても大切なのです。

お会いできた際には、お子さまの感性に響くティアラを、心を込めて提案させていただきます!

大人っぽいティアラを作ってみたい!そんな声から生まれた、ジュニアのための、憧れティアラ制作レッスン

 

バレエに関わる仕事をしたいと本気で考えているママのための、バレエティアラのプロを育てる講座
タイトルとURLをコピーしました