ティアラの世界観を写真で伝える

こんにちは。

 

情熱を繋ぐのが私の使命!

パッショネクト・ティアラ作家のさちです。

 
(写真 vivienneblanc バレエティアラディプロマコース)
 
このブログでも何度か書いてきましたが、
目下の課題は、「写真」です。
 
実は、先日のティアラレッスンに来てくださった生徒さまが
「実物はすごくきれい!素敵!写真では正直、ここまできれいだと思っていなかった」
と、おっしゃっていて。
 
うん、そうなんだよなー
この素敵な感じが、どうも写真にすると、
なんか陳腐に見えるんだよ、と私も感じているので。
 
こりゃ、伝えることを諦めたら、そこで試合終了しちゃうぞ!!!ってことで、
本腰入れて、頑張り始めたワケです。
 
 
(写真 vivienneblanc バレエティアラディプロマコース)
 
ちなみに、私は、カメラの技術も本当に本当に何も無いです。
ド素人。ズブ素人、ドズブ素人です。
 
それに加えて、ティアラって写真におさめるのが本当に難しいのです。
プロが撮影しても、なかなかに難易度が高い代物。
 
 
難しい理由は、いくつかあります。
 
・形が立体的すぎて、写真だと平面に映ってしまって、うまく造形美を撮影できない。
 
・同じく、形が立体的で、複雑に重なっているので、
 特に二連ティアラやサークルティアラは、どこにピントを合わせていいか、
 カメラが迷うらしい。(カメラが迷うの!私じゃなくて!)
 
・望遠レンズで撮影した方が、雰囲気よく撮れるけれど、
 どうしても、レンズのゆがみがあるので、ティアラがふにゃんって曲がって見える。
 
 
これらに対して、一応、私なりの打開策があります。
 
撮影したいポイントをちゃんと決める。このティアラはここが見せ場!ティアラの顔はここ!ってちゃんと決める。
 
・レンズのゆがみを計算して、実物のティアラをゆがませる。
 
 
そんなこんなで、試行錯誤しまくりながら、
本日は、写真を撮影しまくっていました。
 
 
実は、私、一度カメラのレッスンを受けにいったことがあるんです。
 
 
でも、そのときは
「こう撮影したい!」「ここをこんな風に撮りたい!」という気持ちが無かったので、
なんとなーくレッスンを受けて、
なんとなーく終わってしまったんです。
 
 
本当にもったいないことをした。
 
 
事前の意識、想いって本当に大切。
今だったら、
ここを聞きたい!こういうときどうするの?と、
カメラマン様に教えていただきたいことが山ほどあります。
 
 
そんなわけで、近々、カメラレッスンに行くことを決めています。
 
 
もう既に予約済のレッスンがひとつ。
そして、なんと。立場をわきまえず、超人気フォトグラファーさんに、
「こんなレッスンして!!!」と要望中。
 
 
世界中を飛び回っている人気フォトグラファーさんなので、
その願いはいつ叶うか分かりませんが、
絶対、ティアラ撮影を我物にして、
ティアラレッスンに来てくださった方にも、そのノウハウをお伝えしますね!!!!
待っててください!!!
 
 
それにしても、この歳になっても、
新しいことを学びたいと思える環境にいるのが、とても幸せです。
 
 
人間って、成長欲求、知識欲というのが、
本当に実在するんですね。
 
ふわふわ生きていると、あまり気づきませんでしたが、
楽しいだけじゃなく、刺激的で、うれしい瞬間がたくさんありますし、
今現在見えている世界の見え方が、変わるんです。
 
 
私がお教えできることは、今のところティアラの制作です。
新たな学びを始めたい方、ぜひ、お待ちしておりますね!
 
 
次回レッスンは、4/7(日)です。
平日は、水曜、金曜日、受付中です!
 

 

 

 LINE@でバレエママトークしませんか?

—–

タイトルとURLをコピーしました