バレエは9割、親で決まる?!

こんにちは。

 

情熱から産まれた、パッションメイドティアラをお届けする。

バレエティアラコンシェルジュのいとうさちです。

 

パッショネクトというサロンを主宰しています。

衝撃的タイトルですみませんm(_ _)m

↓この本のタイトルをパクリました!!

サッカーとバレエって、
芸術とスポーツという違いはあれど、けっこう共通点も多くて。
本場はヨーロッパですが、競技人口的には、日本でもとても盛ん。
子どもたちの習い事としても、メジャーです。
ジュニア時代の習い事って、何でもそうだと思うのですが、

親の存在がけっこう大きいです。

・バレエ始めるか否かの権限を持つのは親

・食生活、体調管理、精神的サポートも親

・経済的に支えるのも親

だから、先生より、場所より、親の価値観が、子どもの習い事にけっこう大きい影響を与えます。

本の前書きから、引用します。

—ここから引用—

 サッカーを国の文化にしてしまうには、少年期に「サッカーは楽しい」という感覚を体に沁み込ませなくてはいけません。そのプロセスがないがために、ジュニアや中学生で「燃え尽きた」とか、「親の期待通りにならずやめた」という元選手が日本には数多くいます。

 そうなってはいけません。それには、親御さんの価値観や考え方を変える必要があります。

でも、多くの子どもがサッカーと出会う小学生時代、指導者や環境を選ぶ手伝いをするのも保護者です。

そして、指導者が少々未熟でも、先に私が挙げたサッカーの本質を理解している親御さんであれば十分子どもは伸びます。

逆に、どんなに良い指導者でも、親が結果にこだわったりストレスを与えすぎると成長しません。

必ずしも「ジュニア期の良い結果(勝利)=成長」ではないことを肝に銘じてください。

ーーー引用終わりーーー

 

子どもを応援するって、具体的にどうすることなのか。

応援は、押し付けであってはいけないし、

放置でもいけない。

バレエを応援する親として、いつも迷うこと。

どんな世界でも同じなんだなあと思いました。

例えば・・・

「子どもにアドバイスすると、子どもが不機嫌になるというママの悩み」

に、本の中でこう答えています。

ーーーここから引用ーーー

 そもそも、わが子が「できない」ことに、本人以上にいら立っているのは親御さんではないでしょうか。


ここは、なかなか結果を出せないでいるわが子を黙って見守ることが、親の役目だと考えてください。


今はまだ入り口のところにいますから、もう少し長い目で見てあげませんか。

ーーー引用ここまでーーー

こんな感じで、親の悩みに対して、考え方のアドバイスが展開されていきます。

悩みも似通っていて、オススメです!

ラインで紹介したところ、「読んでみる!」とのメッセージをたくさんいただきました。

感想もお待ちしてます♥️

語り合いたいです! 

 

 

 

 

 

 

 

—–

タイトルとURLをコピーしました