あなたの選んだものは喜ばれている?バレエの楽屋見舞い・プレゼント選び

こんにちは。

踊らずバレエと生きていく。パッショネクトいとうさちです。

 

バレエ発表会で楽屋見舞い、プレゼント選びの際、

ついついやってしまいがちな、喜んでもらえる可能性の低い「プレゼント」について

書いてみたいと思います。

 

 

もちろん、プレゼントは、気持ちの問題なので、

「何をもらっても嬉しい!」

「品物は何であっても気持ちを受け取るべきだわ!」

というのが理想です。

そうです!そうですよね!!!!

 

 

ですが、、、実際には、

「これ、もらってもどうしよう・・・」というものを頂いた経験、

誰でも一度や二度、あるのではないでしょうか?

 

贈る側が「これいい」って思うものと、受け取った側が「嬉しい」って思うもの、

事実、両者のギャップは確実に存在します。

 

 

心理学的な見解で面白いお話を見つけましたので、ご紹介します????

 

人は、プレゼントを選ぶ際、

短期的なインパクト(=箱を開けた瞬間のリアクション)を想像して選ぶんだそうです!!!

 

でも、受け手側は、

長期的な満足感(=家に持ち帰った後に実際に使えたり)が満たされるものが、嬉しいんだそうです。

 

 

例えば、本をプレゼントで頂いたとします。

箱を開けた時は、リアクション、取りづらいです。

 

「へえ、ありがとう!」以外のリアクションはなかなか出来ませんよね。

その場で、読んで感想を言うことも出来ないですし。

「似合う?」なんて洋服に合わせるものでもないし・・・

 

ですが、その本が、自分の思考にぴったり合った、学びの多い本だとしたら、

その本をずっと大切にしますよね。

 

 

ちなみに、バレエ発表会のプレゼントって、受付に預けることがほとんどです。

仮に、楽屋で会えたとしても、出演者はバタバタしているので、

「ありがとう!家帰ってゆっくり見るね!」

のパタンがほとんどなんです。

 

だから、


心理学的見解からも、

バレエ固有の事情を鑑みても、


リアクションを重視せず、

長期的に満足してもらえるものを選ぶ方が、

喜んでもらえる確率は高くなります。

 

 

 

ですが、この「長期的満足感」という部分、なかなか相手に伝わらないですよね・・・。

そういう時には、一言、どんな実用性があるかのメモを添えてあげると、気持ちがぐっと伝わります!

 

さっき例に出した本だったら、

”この本、あの有名ダンサーの愛読書らしいよ。”< /p>

ってな具合です。

一言でいいので、その本が持つストーリを、説明してみてください。

 

きっと、そのプレゼントの良さも伝わり、それを選んだあなたの気持ちも、しっかり伝わって、

喜んで大切にしてもらえるはずです!

試してみてくださいね。

 

ちなみになんですが、

プレゼントにティアラって、非常にお勧めです。

なぜなら、贈る側の気持ちも満たせるし、贈られる側の満足度も高いからです。

 

私は、ティアラ作家という職業柄、

色々な方にティアラをプレゼントしてきました。

まず、完全に素晴らしいリアクションをとってくれます!

贈り手側の、短期的インパクト需要も満たせちゃう。

 

そして、贈られた側の実用性ですが、

実は、ティアラって、一家に一台あると、とても便利なんです。

 

お誕生日の主役を演出、七五三などのイベント、ハロウィン仮装、テーマパークへのお出かけ、、、、

用途は様々あります。

そして、もちろん、バレエでソロを踊るときに、使えますし!

 

更に、ティアラの持つストーリーもちゃんと演出できますよ!

それは、「誕生石カラーで作る」からです。

 

誕生石には、それぞれ意味があるのをご存知ですよね?

例えば、こんな感じです。

6月・・・シトリンカラーで創る、健康と癒しを願ったティアラ
7月・・・情熱を持って成功へ導く、ルビーのティアラ
8月・・・内面の美しさを引き出す、ペリドットのティアラ
9月・・・聡明で優雅な時間を贈る、サファイアカラーのティアラ

 

 

「内面の美しさを大切にするバレリーナになってね、という願いを込めて、作ったよ  テヘヘ」


というメモを添えるだけで、

そのティアラは、贈られた方にとって、たったひとつの特別なティアラになりますから!

 

もし、ご興味ありましたら、こちらからお申込みくださいませ!

お待ちしております。

 
 
youtubeも見てみてね。

 

 

↓↓↓↓↓ほかにも、募集中の講座あります!↓↓↓↓↓

 

 

 

—–

タイトルとURLをコピーしました