将来の夢はいっぱいあってもいいと思う

こんにちは。

 

楽しみながら、子どものバレエを応援!が、モットー。

 

◆バレエママ

◆デザイナー

◆ティアラコンシェルジュ

 

3つの顔を持つ挑戦者→いとうさちです。

 

2019年に脱サラし、パッショネクト始動しました。

 

あなたの子どもの頃の夢はなんでしたか?
私は、「バレエ教室の先生」でした。
小1の文集にそう書いたのを覚えています。
で、実際に、今はというと、
・システムエンジニア(プログラマー)
・デザイナー
・ティアラの先生
色々と出来ることが増えていて、
今は、これらを複合的に仕事にしています。
そして、更に。
バレエが大好きという気持ち。
娘を応援したい気持ち。
趣味や趣向でさえも、こうして、
掛け合わせて仕事にし、生きているんです。
そんな私が今、
率直に感じていること。
将来の夢や目標は、
ひとつじゃなくていいじゃん!
今の日本では、色々とやれることを、
器用貧乏とか言って、あまり歓迎しない風潮がありますよね。
小さな頃から、ひとつの目標に向かい、
下積み時代を重ね、
やっと芽が出るという生き方が、称賛される。
もちろん、それだってめっちゃ素敵!
だけど、そう出来ない子もいっぱいいるよねーと思って。
バレエ極めたいけど、
そこまで経済的に裕福じゃない、とか。
音楽したいけど、マンション住まいで楽器買うことが出来ないとか。

でも、だからといって、

それを将来に生かせない、なんてことは絶対にない!!

バレエやってると、

お金がどんどん流れていくし、

バレエに費やす時間も労力も莫大です。

だから、

将来を考えて、バレエをやめさせちゃう親御さんもいると聞きます。

バレエで食べていけるなんて一握りだ、と不安になる方もいると思います。

でも、将来、バレエを仕事にしなくたって、

複合的に、私のように、

色々やってみたからこし、仕事を出来るってパタン、あると思うのです。

じっくり様々なことに、

挑戦したっていいんじゃないかな♥️

バレエを極めたければ、そうやってもがくことも、

何も無駄にならないんです。

人生100年時代だもの!!

 

 

 

 

 

 

 

 

—–

タイトルとURLをコピーしました