ティアラの初舞台はブラボーの嵐でした

こんにちは。

 

情熱を繋ぐのが私の使命!

パッショネクト・ティアラ作家のさちです。

 
 
先日、私が制作したティアラが、初舞台を迎えました。
ひとつは、ずっとブログに書いていた、
グラン・パ・クラシックのヘッドピースです。

既に素敵な舞台で披露していただきましたし、
自分でも大満足の出来だったから、
ここで打ち明けますが、、、
 
 
実は、プレッシャー半端なかったですよー(笑)
まず、グラン・パ・クラシックという作品自体が、
もう、素晴らしい作品、というか、ただただスゴい作品なわけです。
私の中で、このグラン・パ・クラシックは、選ばれし者が踊れる踊り。
眠りの森の美女1幕のローズアダージオ、
ジゼル1幕のバリエーションと合わせ、
特別最強バレエとして君臨している作品。
更に、更に。
ダンサーさまはとっても舞台にこだわる方で、
色々とバレエにかける想いも伺っておりましたもので、、、
これまたダブルのプレッシャー‼️
出番前は、我が子の舞台見るより緊張したし、
口から心臓飛び出ていったし、
隣に座ってる娘に
【吐く吐くヤバい】
と言い続けておりましてですね。
ああ、でもこれこそが舞台を創る喜びだと、
そこに居合わせられたことが、
死ぬほど幸せでした。
本番はね、
拍手喝采、
ブラボーの嵐。
バロネという、ダンサー泣かせのすごいステップがあるんですけどね、
完璧だったんです。
本当に。
1mmの不安なく。
私ももちろん、ブラボー二回叫びました。
この客席と一体になる感覚、
たまらーーーん。
あの場に居合わせられたこと、
素晴らしいバレエがお客様の胸に響いたあの瞬間を、
私は、一生忘れません‼️
ご縁をいただけたこと、
心から心から感謝します。
熱いバレエへの想い、
踊りの楽しさ、
舞台作りへの情熱も。
そんなバレエに触れてみたい方は、是非!
コチラのバレエスクールにお問い合わせくださいね。
もうひとつ、オディールのティアラ、
これはこれで、語りたいことがいっぱいなので、
また書きます❗️

 

 

 LINE@でバレエママトークしませんか?

—–

タイトルとURLをコピーしました