「伝える」を考えるとバレエはもっと面白くなる

こんにちは。

 

情熱を繋ぐのが私の使命!

パッショネクト・ティアラ作家のさちです。

 

 
 
あなたが、もし、大人バレリーナさんであれば。
 
自分のバレエで、誰に何を伝えたいのか、
考えてみたこと、ありますか?
 
あなたが、もし、お子様のバレエを応援するバレエママさんであれば。
 
お子さまのバレエを応援するその先に、
その子が踊ることで伝えたいことって何だろうって、考えたことはありますか?
 
あなたが、もし、バレエの先生であれば。
 
生徒さんを上達させた先にあるもの、想像してみたことありますか?
 
 
私が、バレエを頑張っていた、昔々のそのまた昔、
そんなことはみじんも考えたことはありませんでした。
 
とにかく「自分が」上手になって、
「自分が」バレエを楽しみたい。
「自分が」楽しく舞台に立ちたい。
 
自分のためにバレエをしていました。
 
けれども、今、ダンサーさんのお話を伺いながらバレエティアラを作るようになって、
はたまた、バレエママさんたちの悩み話を伺うようになって。
 
その人たちがバレエに関わることで得られる喜び、みたいなものを
想像するようになってきたんです。
 
そう、バレエしてる人も、見てる人も、関係するすべての人に、
GETTING BETTERを!!!って気持ちが
強くなってきちゃいまして。
 
そりゃあ、ダンサーさんには、お気に入りのティアラをつけて、楽しく踊ってほしい。
もちろん、その想いはあります。
でも、私のゴールは、まだその先。
 
「その踊りを観たお客様の心を動かす!!!!」
そこに最終ゴールがあると考えているんです。
 
だって、バレエは一人じゃできないです。
ダンサーだけじゃ成り立ちません。
お客様が観に来てくださるから、バレエはバレエとして成り立ってるんですから。
 
せっかく観に来てくださったんですから、
ダンサーさんだって、そのときできる、「最高」を表現したいじゃないですか?
踊り以外の、舞台美術も、音楽も、照明も、そして衣装も。
 
ダンサーさんがご自身にフィットする、似合うティアラをつける一番のメリットは、
「踊り」を、一番いい状態で、お客様に伝えることができる。
即ち、それが、お客様の心を動かすことにつながるんだ。
そんな風に考えるようになったんです。
 
だから、お客様目線で、ダンサーさんを輝かせることは、
ダンサーさんの幸せでもあるし、
お客様の幸せでもある。
 
そんな思考の末です。
 
 
美容学なんて、今まで学んだこともありませんでしたが、
日本人の頭のカタチや、
お顔の性質など、
現役美容師さんに教えてもらったりしながら、学んで。
 
 
そして、これから、そのアウトプットをしっかりやっていこうと思います。
先日、ブログでも少し書きましたが、
役柄に合う、衣装に合うは大前提!
ダンサーさんご自身にしっかりフィットする、3秒でお客さまの心を捕まえるティアラ。
 
 
それは、何よりも、ダンサーさんの情熱を「踊り」でちゃんと伝えるため!!!
 
 
そんなティアラを提案していきます!!!
 

ダンサー様の個性に応じたティアラをお仕立ていたします。

詳細は、リンク先より。ぜひ、ご覧ください。

 

 
 

 

 

 LINE@でバレエママトークしませんか?

—–

タイトルとURLをコピーしました