ワタシラシサって誰が決めるんだろう

こんにちは。

 

情熱を繋ぐのが私の使命!

パッショネクト・ティアラ作家のさちです。

 
初めましての方は、是非、プロフィールを参照いただきたいです????
 
 
最近、考えることがあるんです。
タイトルの通りなんですけど。
 
「あなたらしい」「わたしらしい」って、一体だれが決めるんだろうな?って。
 
「あなたらしく、がんばって!」
と誰かが言ったとする。
ここでいう、、「あなたってこんな人」っていうのは、発言する人側の気持ちですよね。
 
 
本当は、本当の自分は、そんなこと望んでいないかもしれないのに。
なんだか、周りから、「これは、あなたらしい」とか、「あなたらしくない」とか言われすぎて、
自分のこと見失うこと、ありませんか?
 
私は、ある。。。。
 
すんごいどうでもいい話なんですが、
数年前に、自宅を新築したんです。
本当にこだわってこだわって作った家。
そこに、ウキウキ気分で、新しい家具やカーテンを新調して。
 
そりゃもう、自分の全経験と全センスを投入して、選びましたよ~
家具も高いですからね。
 
で、お友達を招待したときに、言われた言葉。
「これ、あなたっぽくないね」
 
「え~~~~そうかな?」
私が渾身の想いで購入したものだし、、、と思いましたが、
そのときに、感じたんですよね。
 
 
確かに、家具って、いっぱい雑誌見たり、お店まわって決めたから、
色んな人の影響をいっぱい受けて選んでるな。
 
 
じゃ、一体何が私っぽいんだろう?と考えると、
「う。。。わからない」
 
 
意外と、自分のことって、自分ではわからなくて、
他人の方がよく知っているのかもしれないです。
 
 
今回の例は、ただの買い物の例ですけどね。
 
 
なぜ、こんなこと考えていたのかと言うと、
私のホームページのキャッチコピーが
「アタラシイ・アナタラシイ・バレエママの形」
なんですよ!
 
 
私は、ママもママの人生を生きてほしいから。
だから、あなたらしい人生を応援したい!
 
 
でも、「ハテ?あなたらしさって何だ?」っと思い始めてしまって、
悶々してたら、こんな時間です。
その自問には、これからじっくり、自分の人生使って答えを出していきます。
 
 
そんな自問はさておき、今日は、
バレエティアラをお仕事にしたい方のための
viviennneblancバレエティアラディプロマコースの準備が整いました
ってことを、お知らせしたかったんでした~~
 
 
私が「ティアラ制作」を通して受け取った、人生。
ちょっとずつ、伝えていけたらと思います。
どうぞ、ご覧ください。
 
 
12/16 単発レッスンもございます。是非お越し下さい‼️(このお値段で受けれるのは、本当に今回限りとなります!)
 
 

●LINE@でいとうさちとお友達●

—–

タイトルとURLをコピーしました