子どものトゥシューズを新調するタイミング

バレエグッズ

こんにちは。いとうさちです。

先日、バレエママ友人と、トゥシューズってどういうタイミングで新調するのか分からない、という話になりました。

友人の娘さんは、まだトゥシューズを履き始めて期間はたってないですが、発表会やコンクールはトゥシューズで参加しているそうです。

それなりに練習量もあるし、でもChacottのカードに書いてある、”ソールや爪先部分が柔らかい”、”box部分が柔らかくしわが増えた”には当てはまらない。でも、もう3ヶ月経ったのー!と。

先生に相談したら?と無難な答えをしちゃったんですが、、、自分の記憶を辿っていくと、そうそう!思い出した。

トゥシューズが潰れるという感覚を体で覚えたタイミングがあった!

私がトゥシューズを履き始めて間もない頃、「トゥシューズは潰れるもんだ」なんてこともよく知らず、年に一回、発表会のために新調していたように思います。

その頃は、週2でレッスンでしたが、履き始めて間もない頃って、私の技術不足も相まって、新しいトゥシューズはめちゃくちゃ固くて、立てない!だから、馴染みのトゥシューズはできるだけ履き続けたいって、子どもながらに感じてました。

「新しい」という状態を乗り越え、足になじみ、ドゥミ(トゥで立たず背伸びの状態)がうまく使えて、このタイミング!今!今が最高~~~な状態のトゥシューズ。手放したくない!

履きなれたパンプスを、へたってきても手放したくない感覚に似ていると思います。

加えて、30年前です。ネットにトゥシューズの情報なんてないし、先生にご指導いただくまま、そのままに新調してました、、、、

そんなある日!なんか履きにくい。。。かも?と思うようになります。多分、他人からの見た目には分からなくて、自分の感覚なんですが、土踏まずに靴底が当たる当たり方に妙な違和感。その頃には、トゥシューズは爪先はやぶれてボロボロ(笑)。本当にこんなに履いてて良かったのか?と思いますが。

初めて自分で新調してみたら、新しいトゥシューズは「うへーーーーー!立ちやすい!」とびっくりです。

この一件で、私は、トゥシューズは潰れるもんだということ、そして、新調トゥシューズは履きやすいってことを学びました。

何が言いたいかと言いますと、最初は先生に相談すれば良いと思います。先生にご指導いただくまま、新調すればよいかと!

でもいつかきっと、娘さんは自分自身で、自分自身の感覚で気づくはずです。立ちやすいトゥシューズってどんな感触なのか!

怪我だけはないように、先生とよーーくコミュニケーションとってれば、万事解決かなあと感じました!

 

タイトルとURLをコピーしました