バレエのお化粧で肌荒れを防ぐには

こんにちは。

「全国のバレエママを全力で応援するアラフォー夢追い人」のさちです。
私が、バレエママに向け、ブログ発信する目的は、是非、プロフィールを参照いただきたいです????
バレエ発表会では、子どもから大人まで、みーんなパッチリお目めのお人形に変身できる、バレエ化粧!
発表会でのウキウキイベントのひとつですよね。
でも、小さなお子さまの場合、化粧そのものが初めてですし、肌の弱いお子さまをお持ちのママは、
肌荒れしないか心配になりますよね。
ズバリ!バレエ化粧は、きちんとケアしてあげないと、肌荒れします。
私も、私の娘も、翌日、顔がパンパンに腫れ上がり、
痒くて、変な汁も出てきて。。。ということを経験済です。
以下に記載した3点に注意してあげてください。
1.下地にコールドクリームを塗りましょう
お教室によっては、顔に何もつけずに、いきなりドーラン(舞台用ファンデーション)を塗るよう指示を受けるかもしれません。
ですが、下地としてコールドクリームを塗り、しっかりと、でも優しくガーゼで拭き取って、コールドクリームが薄く残るようにしておけば、問題ありません。
ただし、しっかりと拭き取らないと、化粧崩れするので、ご注意を。
2.出来ればメイクは本番直前に
普段、肌が弱いようであれば、メイク時間を遅めてもらえないか、先生に相談してみましょう。
3.メイク落としもコールドクリームで
絶対にやってはいけないのが、手軽なメイク拭き取りシートを使うこと。
これだけは避けてください。
絶対に、顔がパンパンになります。
コールドクリームを塗り込むようにマッサージすれば、メイクは浮いてきます。
その後、濡れたガーゼで丁寧に拭き取ってあげればよいでしょう。
ごしごしこすらないでくださいね!
コールドクリームは、ゼノアというメーカーがオススメです!
お子さまのお肌ケア、しっかりと対策お願いいたし
ます‼️

—–

タイトルとURLをコピーしました