バレエ 「ドン・キホーテ」 キューピッドの中性的な魅力

バレエ役柄理解

こんにちは!ティアラコンシェルジュのいとうさちです。

巷ではバレエコンクールがどんどん増えていて、
出演する人たちの年齢も、お子様から大人、マダムまで、幅広くなっております。
お子様がコンクールに向け練習中だよ、というママも多いと思います。

そんなママや、頑張る子ども達に向けて、
人気バリエーション、キューピッドの役柄について、書いていきますね。

キューピッドの踊りは大好きです。
大好きなのですが、大柄で機敏でない私は、今まで、このバリエーションを踊ったことがありません。

こういう役を踊れる人は、私の中の憧れでもあります!

この記事は、こんな方のために書いています!

✓キューピッドのバリエーション・・・一体これは何の作品の踊り?という疑問をお持ちの方

✓コンクールや発表会で踊る役柄について、理解したい子ども達

✓子どもの踊りを理解し、応援したいママ

▶筆者(いとうさち)はこんな人

・1981年生まれのアラフォー。
・三大メガバンクでシステムエンジニアとして15年勤務。
・6歳よりクラシックバレエを始め、23歳でアキレス腱断裂。踊り断念。
・2010年に結婚、2人の娘に恵まれる
・2018年にティアラコンシェルジュとして活動開始!当教室(パッショネクト)を開講。

バレエ鑑賞は3桁、バレエ愛は∞です。自分自身の経験から、踊り・ティアラ・ダンサーの融合を提案しています。更に、バレエママを応援することで、バレエ界の未来を変革する!という夢を持って活動しています。詳しくはプロフィールをどうぞ!

 

物語におけるキューピッドの役割とは

キューピッドのバリエーションは、ドン・キホーテ第二幕夢の場で踊られる躍りです。

気絶した老衰おじさま(ドン・キホーテ)の夢の中、
キューピッドは夢の案内人という設定です。

そもそも、キューピッドの語源は、ローマ神話のクピド。
愛の欲望や性欲を意味する言葉だそうです。
神話に出てくるキューピッドは、とてもいたずら好きの男の子で、
恋の矢で人の心を思いのままに操るいたずら坊主なんです。

神話では男の子ということですが、バレエでは女性が躍ります。
おそらく、性別の垣根を越え、中性的な存在を表現しているのでしょう。

そんなキューピッドが案内人ということなので、
ドン・キホーテは彼の思いのままに恋心を操られているのでしょう!
愛しのドルシネア姫の幻影を見せられ、魅せられ。。。。
翻弄されまくりのドン・キホーテなのです。

キューピッド役柄の解釈

まずは、男でも女でもない、中性的な存在、
どの立場にも立たない、(中立スイスのような?)ふわふわとつかみどころのないイメージです。
とにかくドンキホーテを翻弄し、人の心をもてあそぶ、どうしようもない子ですが、
かわいらしい外見と仕草のせいで、どうも憎めない、そんな感じでしょうか。
あいつ、なんか憎めないよねー
そんな役柄ですね。

衣装も自由で個性的

個人的には、各バレエ団のキューピッドの衣装を見比べるのがとても好きです。

役柄所以なのでしょうけれど、本当に自由な発想で、
中世的なデザイン、華奢なダンサーさんに似合っていると、もう!惚れ惚れしてしまいますよね。

素敵なキューピッドを表現してください!

タイトルとURLをコピーしました