ここでは、私、いとうさちが持っている、ちょっと壮大なバレエ界に対する「想い」を語ります。

いとうさちは、いつもこんなことを考え、夢見ています。いわば、私の人生のテーマです。

・あなたと繋がる、生まれる一体感
・「個」の輝き
・今ないものを作る、育てる


町のティアラ教室に、こんなにも壮大な3つのテーマを据えるワケ

今、バレエ界の構造は、変革の過渡期にあると感じています。
それは、少し前に起こった、経済界の構造改革に似ています。

経済界では、一昔前、組織は完全なピラミッド構造でした。社長がいて、課長がいて、社員がいて。
トップダウンで物事の意思決定がされていた時代。

でも、今はどうでしょう?人々の価値観は多様化していて、働き方改革が叫ばれ、単純なピラミッド構造では組織は経営が成り立たなくなりました。

個人がそれぞれ役割を見つけ、社長にだってどんどん意見することが、普通のことになりました。

就活生が語る会社の魅力も、
「どんな商品を作ってるか?売ってるか?」「何をしている会社か?」(モノやコトに価値がある)
から
「どんな働き方ができるか」「誰と一緒に働けるか」(その人個人に価値がある)
に変わりました。

そして、会社に入ったとしても、自分の求める働き方とギャップがあれば、フリーになって、個の価値を高める仕事を模索する時代です。

バレエ界にも、この経済界と同じ波がきています。

考えてみてください。
30年前。私がバレエを始めたとき。

ダンサーがバレエ団の垣根を越えて、他のバレエ団の演目に出演するなんて、一般的ではありませんでした。
フリーダンサーも、今より少なかったように思います。
そして、海外留学は、本当に認められた一部のダンサーに許された特権でした。
一度バレエ団を退団したら、二度とその門はくぐれない。

トップの意思決定がすべて。そんな時代だったんです。

でも、今はどうでしょうか?

退団したバレエ団にゲスト出演するフリーダンサー。
自由に外国と日本を往来するダンサー。
海外への留学生は、ぐっと増えました。
バレエの生徒でもダブルスクールをしたり、外部のセミナーに参加したり、とても自由です。

ダンサー個人の多様性がどんどん認められ始めているんですね。

その傾向は、もっともっと進むと思います。

最終的には、「バレエ団」というものの存在は残るものの、実態は形骸化します。

なぜなら、日本と海外は、そもそも文化が違うからです。海外では、バレエや芸術が文化として人々の生活に根付いているので、ダンサーは公務として踊ることができます。

しかし、日本では、そういった土俵がない。
バレエ団は、経済活動の一環としてしか存在できないという現実があるからです。

そういう訳で、日本の経済界が辿った変遷と同じく、バレエ界においても、もっと自由に、演出家がダンサーを選び、ダンサーも演出家を選ぶ時代がくると思います。

そして、お客様、衣装作家、道具さん、写真家さん、バレエに関わる全ての人々が、今よりもっと、個々で繋がり始めるはずです。

そのつながりは、縦方向の繋がりではなく、もっとフラットに、いわばネットワークのような、そんな繋がりになると予想しています。

イメージはこんな感じです。


☟数十年前のバレエ界の構造(手書きで恥ずかしい)

☟もっと未来のバレエ界の構造(ほんっと、手書きで恥ずかしい)

そんな、バレエ界の構造改革過渡期だからこそ、この3つのテーマと大事にしながら、乗り越え、成長していきたいのです。

・あなたと繋がる、生まれる一体感
・「個」の輝き
・今ないものを作る、育てる

まずは、繋がって一体となりましょう。
そして、個々が輝く努力をしましょ。
個の輝きは、繋がった全体を照らします。
その光は、必ずや、今無い価値をここに誕生させてくれるはず。
一丸となって、バレエ界を育てましょう!

ぐんぐんぐんぐん、この輪が、波のように伝わって、日本のバレエが一体となる。

そんな想いが、私の夢が込められています。

あなたと繋がる、生まれる一体感

いとうさちティアラ教室で提供するすべてのレッスンで、一体感を創出します。

ただ習う学ぶだけで終わるのではなく、そこから広がるコミュニティ活動の場を提供します。

それは、私自身の経験から、人は、個人でもくもくと頑張るよりも、ひとつの目標を目指してチームで進む時の方が、「幸せ!」を得られるということを知っているからです。

コミュニティでは、様々な活動を予定しています。

・バレエ界の現状を知る!

色々な方を講師にお招きし、オンラインセミナーや、実際のオフラインセミナーなど開催します。
知ることで課題が見つかります。課題が見つかれば、解消するための行動につながりますから。

・バレエの夢を叶えるための子育てをキーワードにした活動

私たちは子育てのプロにはなれません。だって、今まさに子育て中で、知っているのは自分の子育てだけだから。だから、色んな経験者の話を聞くのです。他の方の経験を自分にインストールできれば、もっともっと、視野が!世界が!広がるはずなんです。

「個」の輝き

守られてきた組織から離れた「個」は、これまで以上に、芯の強さと、自分自身で選択する力が求められると思っています。

一方、個と個がつながったからこそ、その影響力は、これまで以上に絶大になりました。個が輝けば、繋がった周りの人々を照らすことができます。

あなたは、なんのために生きていますか?
あなたが、本当に輝ける場所はどこでしょうか?

私が、自分の居場所を見つけたように、
きっと、あなたにも、輝く場所があるはずです。

子どものために生きる人生はそろそろ辞めにして、
あなた自身の人生を生きて欲しい。

そんなあなたのお手伝いをしたい、そんな風に思っています。

今ないものを作る、育てる

生み出す苦しみを知っています。
私は、仕事で、何度も経験しました。
今、ないものを、ゼロをイチにするのって、本当にしんどい。

でも、生み出す喜びも知っています。

私が感じる喜びは、
何もないところから計画して、準備して、作って、喧嘩もして!
同じ目標を持った人たちと一緒に進めている一体感、この感じがたまらなく好きなんです。
あとは、完成したときの達成感ですね。

それは、どれだけ小さなものでも、例えばひとつのティアラだったり、大きな大きなシステムだったり、子育て中の目標だったり。感じる達成感は同じです。

そこには、あなただけでは知りえなかった、新たな価値が待っているはずです。

ピンときた?

ここまで読み進めてくださって、本当にありがとうございます。
もし、何か感じて、ピンときてくださったなら、あなたは行動すべき!と、私は思います。

今後、どんな運営になるか、実はまだ何も決められてないのですが、少なくとも、コミュニティに参加するのに、金銭的負担は何もありません。

何か始めたい、行動したい、と感じた方、
または、ティアラを作ってみたいと思ってくださった方、
いつでもLineから私に話しかけてください。

私はいつでも、バレエへの夢を語り合える友人を探しています!